素人キャッシュバッカーの対処法

出会い系サイトでよく見かけられるのが、アルバイトとして雇われているサクラ以外にも、素人の一般女性と思われるキャッシュバッカーです。
インターネットでのお小遣い稼ぎが浸透するにつれて、このキャッシュバッカーの数も急増しているのが厄介なところです。
やはり素人なので、サクラとしての経験が長いアルバイトよりは対処がしやすいのですが、それに紛れて本物の女性会員を探しにくいのが問題なのです。
ここでは、念のために素人女性のキャッシュバッカーに惑わされず賢く避けるための対策を述べたいと思います。
・典型的なコピペメールは相手をしないこと
キャッシュバッカーとしてまだ経験の浅い女性にありがちなのが、ファーストメールに長文のコピペメールを送ってくることです。
また、会話の大半はマニュアル矢コピペメールに頼りがちになるので、どうもスムーズな会話の流れにならないはずです。
すぐにコピペメールと看破できるメールならば、一茶返信をしなければ無駄なポイント消費は避けられます。
このようにして、キャッシュバッカーの稼ぎにくい状況を一人一人が徹底させれば、自然と悪質なビジネスも減少していくでしょう。
・会いに行くと危険なにおいのする女の子
キャッシュバッカーでは無くて実際に会える女の子も全く危険ではないとは限りません。
むしろ実害を及ぼされるリスクがある分、危険度は高いので避けたい存在であると言えます。
待ち合わせに向かうときには、人気の多い場所を選ぶなど事前に安全策を取っておきましょう。

信用できる出会い系サイトの表記

信用できる優良で安全な出会い系サイトの条件として、まず法律に則って、必要な情報が正確に記載されているという点が必須になります。
具体的に言えば、「特定商取引法に基づく表記」や、「プライバシーポリシー」「個人情報保護法の表記」などがそれにあたります。
有料の出会い系サイトの場合は、料金体系が細かく正確に記載されていなければなりません。
ポイント制を採用しているなら特に、どのアクションに対してどれくらいのポイント消費になるのかが把握できてなければ安心して使えないでしょう。
・信用度をチェックするために必要な情報は?
まず、その出会い系サイトを運営している業者の実態が確認できなければ安全とは言えません。
代表者名や会社の所在地が検索してみて実際に確認できるか、存在しているのかをまず調べましょう。
そして、連絡先まで誤魔化さずに記載されているのかも要チェックです。
これらの情報がサイトのどこかに書かれていれば、必ずしも「特定商取引法の基づく表記」といった形で正式にまとめられていなくも構いません。
サイトによって必要な情報の表記の仕方は細かい点でまちまちになります。そのあたりに関しては、神経質になり過ぎなくても特に問題はありません。
会社情報の正確な起債に並んで、プライバシーポリシーや利用規約にて、個人情報の取り扱い方も誠実に表記されているのが必須条件です。
この表記がしっかりしていなければ、罰則を受けるほど重要な点です。

付き合う前と後のメール頻度

出会い系サイトで知り合ったばかりのころと、付き合ってしばらくたったカップルでは、メールの頻度にも変化が生じてくると思います。
親しくなるにつれて、女性はメールの頻度が多くなってくる傾向があります。
このことから、出会い系サイトで相手がどれだけ心を開いてくれているかの目安にもなるでしょう。
メールの頻度は一般的に多ければ毎日というカップルが約半分くらいという調査結果もあります。
男女別に統計を取ってみると、女性の方が男性よりも毎日のメール交換を望む人が多いことが分かっています。
・男性は女性の場合とは逆
男性は逆に、出会い系サイトで女性を落とすまでに注力してメールを頻繁に送る傾向があります。
最初の熱意は男性の方が高いですし、積極的にメールを送らなければ女性から振り向いてもらえないからです。
そして実際に付き合い始めたら、すでに恋人が手に入ったという安心感から、メールは当初よりおろそかになってしまうのです。
以上のように、恋人になるまで、そしてなった後では男女間でメールを送信する頻度に食い違いが出てくる点に気を付けましょう。
せっかく出会い系サイトでゲットした彼女でも、付き合い始めていい加減なメールの対応をしていたら、すぐに破局しかねません。
メールを頻繁しなくても男性が平気なのは、恋人への信頼感もあるでしょう。
しかし女性の方は常に心配や不安な気持ちでいっぱいということも、理解しておくべきではないかと思います。